よくあるご質問|抜かない歯|とみなが歯科医院

よくあるご質問

EMAT治療や歯に関するお悩みについて、皆様からいただいた よくあるご質問についてまとめたページです。その他のご質問についてもお問い合わせフォームよりお問い合わせを承っております。

よくあるご質問一覧
診断・費用・治療回数

これらのご質問のお返事には、必ず歯科用コンビームCTの データが必要になります。

EMAT治療を受けることができますか?

まずは、歯科用コンビームCTにて撮影したレントゲンデータをお問い合わせフォームよりお送り下さい。
撮影環境等により不鮮明な場合もありますが、歯科用コンビームCTのデータをお送り頂きましたら、おおよその適応診断は可能です。

通院は何回程度必要でしょうか?

お口の状態により回数は異なります。下記が治療の流れです。
問診、当院にてレントゲン等の資料採得 (※初回は初診担当医が対応します)
歯の根の清掃
EMAT治療
EMAT治療を行うまでに、最短でも2回のご来院が必要になります。お口の状態によっては、さらに数回の来院が必要な場合もございます。
またEMAT治療後に被せ物を装着する場合には、さらに2~3回の通院が必要です。
事前に歯科用コンビームCTデータをお送り頂くことで、より詳細な通院回数をお伝えできることもございます。

費用はどれくらい必要でしょうか?

状態により異なりますので、まずは歯科用コンビームCTデータをお送り下さい。
それをもとに、概算を行いますが、実際の歯の状態によって異なります。
また、EMAT治療は保険適応外の治療となります。

EMAT治療を施術しているクリニックについて

EMAT治療はとみなが歯科医院以外の場所ではしていないのですか?

開発クリニックであるとみなが歯科医院以外では、大阪府守口市にあるはやし歯科医院でEMAT治療をおこなっています(はやし歯科医院ホームページ)。
私たちは、EMAT治療により「より多くの人の、より多くの天然歯を残す」ことを目的としています。今後、皆さんのより身近なクリニックでEMAT治療が受けられるようになるかもしれませんが、定められた研修を受講し、EMAT施術者としての決められた水準を満たした歯科医師にのみEMATと標記する事を承認しています。
認定は国際電磁歯科学研究会(International Society for Electro-Magnetic Dentistry)が実施しています。

EMAT治療の施術内容について

EMAT治療とはどのような治療なのですか?

歯の根の先に高周波を通電して、周囲の菌を殺菌します。また、骨を造る骨芽細胞の活動を活性化させることが実証されており、従来の治療よりも短期間で治癒に向かうことが判明しています。
(日本歯内療法学会雑誌 2017年1月)

EMAT治療には高周波を使うと書いていましたが、身体に影響はありませんか?

体に安全な高周波を使用しています。日常的に使用している電子レンジよりも微弱な高周波です。
※ただし、ペースメーカー等をされている方はEMAT治療ができません。

痛みが怖くて心配です。

局所麻酔下での治療になりますので、治療中にお痛みを感じることはほぼございません。

EMAT治療の術後について

EMAT治療をすれば再び状態が悪くなることは無いのでしょうか?

治療の効果で一生、良好な状態を維持できるとは断言できません。
その後の口腔ケアや全身状態、生活習慣等の様々な要因により状態が変化する事はございます。

その他のご質問について

事前にCTが撮影できない場合はどうすれば良いですか?

当院でCT撮影を行うことも可能です。その場合は、初回来院時はCT撮影を含めた資料採得を行い、初診担当医が対応をさせて頂きます。
次回来院時に、EMAT治療が適応かどうかをご説明いたします。